当塾について

学習塾オリーブ 塾長
木村真希(きむらまき)


全国に教室を構える個別指導塾に勤務し、講師として小学生から高校生までの幅広い学年の指導を担当。その後、教室長を経て独立。
2016年に学習塾オリーブを開校。2018年秋、現在の場所に教室を移転。新たなスタートをきる。


生徒一人ひとりが自分の可能性を信じ
夢や目標をしっかりと持って歩んでいくことが出来るように
全力でサポートすること

それが、私たちの役割だと考えています。


当塾では、【生徒1名に対し講師1名】というマンツーマン指導の特徴を活かし、生徒の皆さん一人ひとりに合わせた細やかな指導を行なうことを心掛けています。また、それぞれの可能性を大切にしながら、進路の相談に乗るなど学習面以外でのサポートにも力を注いでいます。目指すレベルや志望校、将来の夢などは様々かもしれませんが、そこに向かって頑張っている姿勢に違いはありません。私たちは、最後まであきらめず頑張る皆さんを、愛情をもって全力で指導、サポートしていきます。


-当塾の特徴-

講師1名に対し生徒1名のマンツーマン指導

通常授業では、講師1名に対し生徒1名のマンツーマン指導を行なっています。細部にまで講師の目が行き届き、状況を正確に把握することができるので、まだ理解できていない箇所やつまずいたポイントに対して、その場ですぐに適切な指導やアドバイスを行うことができます。わからない事を、分からない時に、すぐに質問して解決できる環境を大切にしています。

個別の指導プラン

授業で使用するテキストは、同学年同教科においては基本的に全員同じですが、1人ひとりの習熟度や目標によって、授業の内容は異なります。前学年までの単元であっても、理解できていない場合は、そこまで戻って徹底的に復習を行ないます。

学習量と学習時間の確保

習った内容をしっかりと理解し定着させるためには、反復練習が重要だと考えています。そのために必要な学習量と学習時間をきちんと確保できるように、場合によっては、授業日以外にも塾へ来て勉強してもらう“強制自習日”を設けることもあります。

教科担任制

教科ごとに、1年間、同じ講師が授業を担当します。
(※一人の講師が複数教科を担当する場合もあります)
授業のたびに講師が変わるということがないので、生徒と講師がより良いコミュニケーションを築きながら授業を進めていくことができます。

保護者面談の実施

夏と冬の年2回、保護者個別面談会を実施しています。日頃の塾でのお子様の様子をお伝えすると共に、ご家庭での学習状況などをお聞かせいただくことで、その後の授業計画を見直す機会にもなります。

追加授業制度

定期テスト前や入試直前など、通常授業だけでは足りないとお感じになった時は、1コマから授業を追加することができます。
(※別途、授業料が必要です)
ただし、通常授業の生徒が優先となりますので、追加授業をご希望される場合はお早目のお申込みをお願いいたします。

振替授業制度あり

振替授業につきましては、特に回数の制限は設けておりません。事前に欠席のご連絡を頂いた授業につきましては、後日、振替授業として対応をさせていただきます。ただし、やむを得ない事情と当塾が判断した場合を除き、当日のご連絡による振替対応はできませんので予めご了承下さい。

強引な勧誘は一切いたしません

お問い合わせや無料体験授業のお申し込みまたは受講後、入塾に関して当塾から勧誘や催促のお電話等をすることは一切ありません。入塾されるかどうかは、お子様と保護者様でしっかりとお話合いの上、十分にご検討いただきますようお願いいたします。